スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

出産祝いのマナー(お祝いを贈る時期)


まず、出産祝いは赤ちゃんが生まれてからお祝いをするのが一般的。
間違っても出産前に贈ってはいけません。
万が一のことを考えて、出産前にお祝いを贈ることは失礼に当たる場合がありますので注意しましょう。
トントン(ミッキー)

【直接渡す場合】
出産後、すぐに駆けつけて良いのは夫と祖父母だけです。
ママの体調が整う退院後2~3週間を目安に訪問しましょう。
赤ちゃんとの生活リズムがつかめていない時期ですので
訪問の確認をとってから伺い、長居は禁物です。
お宮参りをする生後1ヶ月前後を目安に内祝い(出産祝いのお返し)を
することが多いので可能であればそれまでには贈りましょう。


【送り届ける場合】
出産後3週間以内が目安です。
「花結び」といった蝶結びののし紙に『祝御出産』『御出産御祝』と
表書きします。水引の下段に贈る方の名前を記入します。
のし紙は、包装紙の内側につける(内のし)、外側につける(外のし)がありますが、どちらでもかまいません。


【里帰り出産の場合】ご主人が自宅にいる場合や実家の住所がわからない場合は、
自宅宛てに届けても差し支えありません。





代書無料サービス【ご出産など何度あってもいいお祝いに】金封


お祝いの相場は コチラからどうぞ♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。